バストアップサプリ 売れ筋

おっぱいを大きくするツボってあるの?

ツボといえば、疲労回復やストレス解消など健康に良いというイメージがありますが、実はおっぱいを大きくするツボも存在します。

 

今回はおっぱいを大きくするツボについて説明していきます。

 

☆おっぱいを大きくするツボの効果について

 

おっぱいを大きくするツボはいくつかありますが、それぞれ効果は異なります。

 

ただし、基本的には

 

1)女性ホルモンの分泌を促進
2)乳腺の発達させる
3)バストにハリがでる

 

などのバストアップに重要な効果を与えます。

 

女性ホルモンの分泌が増えると、女性らしい体つきになります。どういうことかというと、バストとヒップがふっくらとしてくるということです。
バストがふっくらと大きくなる理油は女性ホルモンが増えることで乳腺が発達して、おっぱいに脂肪がつきやすくなるのです。

 

ただ、大きいだけで、ハリが無ければきれいなバストとは言えません。
ハリがあって、形がよくてふっくらとしたバストが理想ですね。

 

☆ツボ押しの方法は?

 

ツボ押しはただ押すだけではあまり効果がありません。

 

1回3〜5秒押すのを3回〜5回ほど繰り返します。
押すときは息を吐きながら、話すときは息を吸いながらというのが基本です。

 

ツボ押しの注意点はツボ押しでリンパの流れやホルモンが増えていきます。体調不良のときにやったりすると体調が悪化する場合があるので控えましょう。
生理中も同様です。

 

☆おっぱいを大きくするツボはどれ?

 

おっぱいを大きくするツボはいくつかあります。
今回は代表的なものを紹介します。

 

@天溪

 

バストトップの高さと同じ位置にあって、胸と胸の境目で骨と骨の間にあります。
押すことで乳腺の働きが良くなります。
乳腺の働きが良くなると、乳腺を保護するためにバストに脂肪がつきます。
妊娠すると、バストが大きくなりますが、母乳をつくるために乳腺が発達するからなのです。
もちろん妊娠してなければ母乳はでません。

 

A渕腋

 

乳首から10p程度外側のわきの下にあります。押してみると少し痛みを感じます。バストにハリを与えたり、血行促進効果があります。

 

Bだん中

 

バストとバストのちょうど真ん中にあり、乳首を線で結んだ部分です。
指で押すと少し痛みがあります。
女性ホルモンの働きを活発にする効果があります。
女性ホルモンの働きが活発になるとイライラしにくくなったり、美肌効果が期待できます。

 

C乳根

 

バストトップから指2本分ほど真下の第5肋骨の間にあるツボです。
リンパの流れが良くなったり、女性ホルモンの分泌が良くなります。
産後のママが押すことで母乳が出やすくなります。

 

ツボ押しは入浴中やお風呂上りにやるのがおすすめ!
ぜひやってみてくださいね。